FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢はつまり想い出のあとさき~少年時代~

 今日は24時間テレビが始まりましたね。この
番組の第一回目の衝撃?を私は覚えていますよ。
小学生だったと思いますが、(へーえ、24時間
もやるんだ)と、まるで大晦日の夜のように、で
きる限りずっと見てやろうとテレビの前にへばり
ついていたものです。もちろん、途中で寝ました
が。当時はマラソンや、余計なお涙ちょうだいも
なく、純粋に寄付が目的のシンプルな番組で、頻
繁に入る中継は武道館に手持ちで寄付を持ってく
る人々の様子だったと思います。今はちょっと商
業的な面が強くなってきて、どうかなあ、と感じ
ますが、この番組が始まると(夏休みも終わりだ
なあ)と思う気持ちは変わりません。
 そんな今日は裏番組の懐メロ番組を見ていたん
です。そしたら井上陽水さんの「少年時代」がし
みじみ良い歌だなあ、と思って。これもまた、夏
休みの終わりっぽくないですか?具体的な風景も
できごとも何も描かれていないのに、誰もが自分
の少年時代の夏の空を思い出すのではないでしょ
うか?というわけで、この歌を見てみようと思い
ます。1990年の9月にリリースされました。

 夏が過ぎ 風あざみ
 誰のあこがれにさまよう

 見よ!この意味のわからない言葉!「風あざみ」
・・・雰囲気ですよ、雰囲気!意味不明でも風に
そよいでる、何らかの植物が見えてこない?青々
とはしていないの。秋っぽい、ちょっと枯れかか
ったような・・・そんな感じしな?私だけ?次の
歌詞にも意味不明な部分があります。

 夏まつり 宵かがり
 胸のたかなりにあわせて

「宵かがり」?何?夏まつりだから、きっと、夕
方あるいは夜に、提灯のような灯りがたくさん灯
っている感じ?「かがり」から想像するのはかが
り火ですよね?とにかく電気的な明るさとは違う
柔らかな灯りだと思います。
 と、まあ、こんな風に陽水さんの詩には意味不
明な言葉がいつもたくさんちりばめられていて、
抽象的なところから聞き手が何を想像するのかは
自由です。だからこそ、それぞれの思い出や感覚
が湧きあがってくるのかな、と。
 そして今日、選んだのは次の部分。

 夢はつまり想い出のあとさき

 なんとまあ、夏の終わりのさびしさを感じる一
行でしょうか。そして、私のように人生も後半に
入ると、まさに「想い出のあとさき」に色々思い
を馳せるわけなんです。あんなこともあった、こ
んなこともあった。楽しいことはもちろん、辛か
ったことも何だか遠い昔すぎて、戻りたくはない
んだけど、どこか懐かしいような。
 上記のちょっと前に、「夢がさめ 夜の中」と
という部分があるのですが、ここも旋律がものさ
びしくてグッときますよ。時々、夢がさめて、今
の自分という現実に驚くことがあるんです。若い
人にはわからないかなー(笑)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
プロフィール

akira6710

Author:akira6710
その日に思い出した懐かしい、
あの歌、この歌。
当時は何気なく聞いていた
歌の詩を読んで歌の魅力の
再発見をしたいと思います。
独断と偏見から気ままに
書いているので、
作者の意向は全く考慮せず。
特定の歌に思い入れがある方は
イメージが壊れるかもしれない
ので読まない方が良いかも(笑)

カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
関連サイト
懐メロランキングです。
こちらもご覧ください
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
にほんブログ村

過去の記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。