FC2ブログ

精霊流し  グレープ

 こんにちは。寒さ暑さも彼岸まで、というだけ
あって、やはり涼しくなりましたね。秋だね・・・。
というわけで、本当はお盆の歌なんだけど、
「精霊流し」。グレープです。
もちろん、作詞はさだまさしさんですね。
1974年4月のリリースです。



これはさださんが、事故で亡くなった従弟の
精霊流しについて書いた歌ですね。
精霊流しと初めて聞いた時には、
小さな灯篭のようなものを川に流すのかと
想像していたら、何と!
大きな山車が出るんですよ。
もう祭りの御神輿みたいな・・・あれは親族が
たくさんいないと運べないなあ・・・

~去年のあなたの思い出が
 テープレコーダーからこぼれています
 あなたのためにお友達も
 集まってくれました~

懐かしいなあ、テープレコーダー。
新盆ですね。だから、お友達も
大勢、集まってくれたのでしょう。

~約束通りに あなたの嫌いな
 涙は見せずに過ごしましょう
 そして黙って舟のあとを
 ついてゆきましょう~

あの山車は「舟」なんだなあ・・・・
そう、まさに舟です。大きいです。
ところで、お盆って、親戚中が集まるので
子どもにとっては楽しいんですよね。
ワイワイ、大勢でスイカを食べたりしてね。
だから、

~私の小さな弟が
 何にも知らずにはしゃぎまわって
 精霊流しが華やかに始まるのです~

というように、子供は楽しくて
はしゃぐのですよ。
華やかなお盆。
今まで当たり前に近くにいた人が
いないことを実感する初めてのお盆です。
日本には、お盆、お彼岸、と、
亡くなった人を思い出す機会が
たくさんあるんですね。



にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : なつメロ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
プロフィール

akira6710

Author:akira6710
その日に思い出した懐かしい、
あの歌、この歌。
当時は何気なく聞いていた
歌の詩を読んで歌の魅力の
再発見をしたいと思います。
独断と偏見から気ままに
書いているので、
作者の意向は全く考慮せず。
特定の歌に思い入れがある方は
イメージが壊れるかもしれない
ので読まない方が良いかも(笑)

カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
関連サイト
懐メロランキングです。
こちらもご覧ください
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
にほんブログ村

過去の記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR