FC2ブログ

誰もいない海 トワ・エ・モア

 一般的に、人は自分が生まれた季節が好き
なんだそうですよ。私は秋に生まれたのです。
だからというわけではないけれど秋が好きで
すね。最近、涼しくて過ごしやすい。ここ数年、
秋が短かったから、今年は長い秋になると
いいな!
 というわけで、今日はちょっと寂しい「誰も
いない海」でトワ・エ・モアです。
トワ・エ・モアさんのリリースは1970年の11月
だそうです。教科書にも載っていた名曲です。
作詞は山口洋子さんだった!



~今はもう秋 誰もいない海
 知らん顔して 人がゆきすぎても~

夏には大勢の人がいて、喧噪という言葉が
ぴったりな海ですが、それだけに、季節はず
れの海ほど寂しいものはありませんね。
あんなにたくさん人がいたのに?!という・・・
そして今や皆が通り過ぎるなんて。
それでも「わたしは忘れない」んですよ。

~海に約束したから
 つらくてもつらくても
 死にはしないと~

この後、約束は、砂に、空に、するんですね。
そして、何がつらいのだろう、というのは、
後になればなるほどわかるように
なっています。

~いとしい面影 帰らなくても~

ですよ。辛いでしょう。
でも、

~淋しくても淋しくても
 死にはしないと~
~ひとりでもひとりでも
 死にはしないと~
約束したということです。
誓いみたいなものですね。

歌を聞くと、
「わたしは忘れない」
の部分のハモりが泣けるんです。
子どもの時は地味な歌だなあ、と
思いましたが、今はしんみり、良い歌だなあ、
と思います。大人になったんですね。
トワ・エ・モア、爽やかでいいなあ・・・
今さらCDを買ってしまおうかと思ってしまいます。



にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : なつメロ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
プロフィール

akira6710

Author:akira6710
その日に思い出した懐かしい、
あの歌、この歌。
当時は何気なく聞いていた
歌の詩を読んで歌の魅力の
再発見をしたいと思います。
独断と偏見から気ままに
書いているので、
作者の意向は全く考慮せず。
特定の歌に思い入れがある方は
イメージが壊れるかもしれない
ので読まない方が良いかも(笑)

カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
関連サイト
懐メロランキングです。
こちらもご覧ください
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
にほんブログ村

過去の記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR