FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なつかしい海 さだまさし

 こんばんは。ご無沙汰しました。
夏だというのに、梅雨みたいな、じめじめした
雨の日が続きましたね。今日は久々に晴れて
良かった、良かった!
 さて、今日はお約束どおり(?)、さだまさし
さんをチョイス。夏らしいタイトルでしょう。
「なつかしい海」です。これは実はあの大ヒット
曲、「関白宣言」のB面だったんです。だから、
大勢の人が聞いたことがあるはずなんですよ。
1979年7月10日のリリース。夏だったんですね。



これはメロディは明るいんですが、
ちょっと悲しい内容なんです。

~列車のタラップ昇りかけた
 僕の腕 引き止めて
 言葉選んで 君は
 さよならを切り出す~

 これ、当時、聞いた時には、男性が
ふられる歌だな、と、思ったけれど、
よく考えたら、故郷を出て行くのは男
性なのだから、残される方は、そりゃ、
別れようかな、と思いますよね。
お互いさまか・・・。

~愛の腕の中は時が止まってみえる
 気がつけばいつでも年老いた『浦島』~

これは上手い!わかる、わかる!
時が止まってみえる!
だけど、過ぎてみると、楽しい時間は
あっという間で、年とってるんですよ~。
怖い、怖い。

~空はこんなに抜けるように
 青く拡がっているのに~

そう、悲しい時に天気が良いと、
ものすごく泣きたくなるよね。
青空が美しくも無情に見えるというかね。
そして、最後の次の歌詞がとても
悲しいんですよ。

~約束を守ろう 思い出をみんな
 紙ふぶきにして 飛ばそう~

夏の青空に、白い紙ふぶきが
パーーッと散っていく、そんな
様子が目に浮かぶでしょう!
大好きなB面です。



にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : なつメロ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
プロフィール

akira6710

Author:akira6710
その日に思い出した懐かしい、
あの歌、この歌。
当時は何気なく聞いていた
歌の詩を読んで歌の魅力の
再発見をしたいと思います。
独断と偏見から気ままに
書いているので、
作者の意向は全く考慮せず。
特定の歌に思い入れがある方は
イメージが壊れるかもしれない
ので読まない方が良いかも(笑)

カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
関連サイト
懐メロランキングです。
こちらもご覧ください
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
にほんブログ村

過去の記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。