FC2ブログ

星影のワルツ 千昌夫

 おはようございます。今日は雨
です。そして、ちょっと今、朝なん
ですがヒンヤリしているんです。
昨日まで暑かったから気を付けな
いといけませんね。子どもの体調も
心配です。
 さて、別れの歌が続きました。今日
は、男性側の目線で別れを見てみよう。
千昌夫さんの「星影のワルツ」。
1966年3月24日のリリースです。
古い!でも知ってる自分が怖い!



作詞は白鳥園枝さんです。

~別れることはつらいけど
 仕方がないんだ 君のため~

これね、子供の時に聞いたときも
意味がわからなかったけれど、
今はますます意味がわからないんです。
だって、
「今でも好きだ 死ぬほどに」
とあるのに、どうして別れるのでしょうか。
どういう関係なの?

~一緒になれる 幸せを
 二人で夢見た ほほえんだ~

で、どうして一緒になれないの?
はっ!もしや時代なのか?
お見合いが多い時代だから?
家柄とか、まだうるさいところが
多かった時代なのでしょうか。

~さよならなんて どうしても
 いえないだろうな 泣くだろうな~

そういえば、噂によると、
本当に好きな人と別れる時って
男性の方が泣くそうですよ。
ふーーん・・・・・・・
で、この歌の最後は、確かに、
なかなか泣ける。
「遠くで祈ろう 幸せを」
だって。
二度と会えない感じですね。
身を切られるような辛さね。

それにしても、やっぱり、どうして
別れるのか、お子様の私には
わからないなあ。
というか、これ、読み方によっては
男がずる感じがするんだなあ(笑)

にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : なつメロ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

No title

この曲、自分が2才から3才のころにフルコーラス覚えてずっと歌った、、と今でも親からよく言われます。
ほんまかいな、、と。

改めて歌詞を読んでみると(聞いてみると)なかなかに切ない歌詞。
当時は歌詞の内容なんか1ミリも理解してなかったと思いますが、なにかがひっかかって覚えて歌ったのかな、と。

そして今、現在、自分の息子が2才10ヶ月になって、、、

息子もめちゃくちゃ歌が好きでいろんな童謡を2番~3番の歌詞まで覚えて一人でいつまででも歌っています。
気に入ったら同じ歌を10回ぐらい無限ループで、、、

Re: No title

これ、良い曲ですよね。私もこれが歌謡曲を認識した最初に近いかも?
歌詞の内容、私なんか今も理解できませんよー(爆)
息子さん、それはDNAですね!
もうギターも触っているのではありませんか?
何か、ものすごいギタリストになりそうな気がするんですけど・・・
息子さんのライブデビューの時はお祝いに駆けつけますよ♪
訪問者数
プロフィール

akira6710

Author:akira6710
その日に思い出した懐かしい、
あの歌、この歌。
当時は何気なく聞いていた
歌の詩を読んで歌の魅力の
再発見をしたいと思います。
独断と偏見から気ままに
書いているので、
作者の意向は全く考慮せず。
特定の歌に思い入れがある方は
イメージが壊れるかもしれない
ので読まない方が良いかも(笑)

カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
関連サイト
懐メロランキングです。
こちらもご覧ください
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
にほんブログ村

過去の記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR