FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君だけに愛を ザ・タイガース

おはようございます。
何と今日も雨です・・・洗濯物が
乾かないから凹む。しかし、
晴れの日ばかりじゃ、つまらないか。

さて、当時、ブルー・コメッツと同様に
グループ・サウンズとして人気が高か
ったザ・タイガースの楽曲を今日は
見てみましょう。
「君だけに愛を」で、1968年1月5日の
リリースです。ほとんど正月リリース
ですね・・・



作詞は橋本淳さんです。この方は
昭和の代表的な作詞家で、当時の
グループ・サウンズを中心に、多くの
詩を書いているんです。昨日の
「ブルー・シャトウ」もそうですし、
いしだあゆみさんや佐良直美さん、
少々、時を進めると、郷ひろみさんや
桜田純子さんの歌も作詞しています。
ザ・タイガースの歌の多くはこの方の
作詞です。

しかし、この歌の歌詞自体はものすごく
短い!これは、まさに、
「君だけに」と「君だけは」の繰り返しに
尽きる!繰り返しを1回にすると、
次のようなメッセージになります。

「君だけに教えよう不思議な
ぼくの胸のつぶやきを」
「君だけははなさない」

上の歌詞の「君だけ○」の部分を
ひたすら繰り返すだけで、
当時の女子はキャーキャー興奮
状態です。ジュリーはすごい・・・。

というわけで、なかなか詩らしい
情緒はあまり感じられないのですが、
君「だけ」というスペシャルな感じが
たまりませんね。
そして最後に
~手をつなぎ 二人でかける
 夢の世界へ~
と結ばれる。まるでアイドルみたいな
歌詞だなあ・・・。当時のグループ・
サウンズはアイドルみたいなものでしょうか。



にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : なつメロ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
プロフィール

akira6710

Author:akira6710
その日に思い出した懐かしい、
あの歌、この歌。
当時は何気なく聞いていた
歌の詩を読んで歌の魅力の
再発見をしたいと思います。
独断と偏見から気ままに
書いているので、
作者の意向は全く考慮せず。
特定の歌に思い入れがある方は
イメージが壊れるかもしれない
ので読まない方が良いかも(笑)

カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
関連サイト
懐メロランキングです。
こちらもご覧ください
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
にほんブログ村

過去の記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。