FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋のフーガ ザ・ピーナッツ

 おはようございます。今週も、
ザ・ピーナッツで幕開けです!
誰もが聞いたことのある
「恋のフーガ」。
1967年のリリースです。
昭和の歌は「恋の○○」だらけ。
そしてこの年代は、ザ・ピーナッツの
全盛期と言っても良いでしょう。



作詞はなかにし礼さんです。
石原裕次郎さん、美空ひばりさん、
黛ジュンさんなど、昭和の大スターの
歌の作詞をたくさん手掛けています。
そして、今日の歌は、先週の「恋のバ
カンス」よりも深刻な、完全なる別れの
歌です。まったく楽しいところが無い!
が、なぜか曲はノリノリ?

~追いかけて 追いかけて
 すがりつきたいの
 あの人が消えてゆく 雨の街角~

こ、この「取り残され感」は、
中島みゆきさんの
「わかれうた」と似てない?
そちらの内容は、また、別の機会に
しましょう。
「あの人が消えてゆく」から、
その人の背中が見えるようでは
ありませんか。
背中が見えなくなるのは、
雨のせいなのか涙のせいなのか。
最後はどこかの角を曲がって、
完全に消えてしまうのです。
寂しいね。

~はじめから 結ばれない
 約束のあなたと私
 つかのまの たわむれと
 みんな あきらめて~

はじめから遊びの覚悟だったんだ。
でも本当は好きなんだ・・・
せつなすぎます。

で、この
「はじめから結ばれない
約束のあなたと私」
の部分だけが、最後に繰り返されます。
ここが最も重要なところなんですね。

この歌では「涙」と「雨」がうまく
マッチしていて、とても悲しい
雰囲気を醸し出しているのですが、
曲は情熱的なんです。
そのアンバランスなところも
面白いですね。



にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : なつメロ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
プロフィール

akira6710

Author:akira6710
その日に思い出した懐かしい、
あの歌、この歌。
当時は何気なく聞いていた
歌の詩を読んで歌の魅力の
再発見をしたいと思います。
独断と偏見から気ままに
書いているので、
作者の意向は全く考慮せず。
特定の歌に思い入れがある方は
イメージが壊れるかもしれない
ので読まない方が良いかも(笑)

カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
関連サイト
懐メロランキングです。
こちらもご覧ください
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
にほんブログ村

過去の記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。