FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

渚のうわさ 岡崎友紀

 今日は夏らしい一曲を選択。岡崎
友紀さんってすごく懐かしくない?
私が子供の頃はいつもドラマに出演
していた気がする・・・そして今日の歌
は「渚のうわさ」。
オリジナルは弘田三枝子さんで
1967年7月のリリースです。
かなり多くの方がカバーしていて、
最近、といっても、古いですが、
鈴木蘭々さんが1996年に
カバーしていますよ。
作詞は橋本淳さんです。すごいな、
橋本さん。いっぱい、作詞されています。
作曲は筒美京平さんですね。



はっ!これは楽しい夏の歌ではなく、
悲しい夏の歌だったんだ!

~あなたのいない渚は
 とっても淋しくて
 こらえきれずに
 涙がこぼれる~

うむー、、、これはもしや、夏ではなく
秋の歌なのかも、と思える淋しさです。
でもリリースは夏ですよ!
そしてタイトルの「うわさ」は、
歌い手が耳にした「うわさ」ではなく、
何でもいいから彼のうわさを聞きたい、
という願いなんです。
消息を知りたい、という感じなのかな?

そして次の歌詞が繰り返されるんです。

~あなたのいない砂山
 汐風だけなのに
 わたしの心は
 なぜかせつない~

ちょっと待て。この
「汐風だけなのに」の意味が
わからない・・・
「汐風」以外にも何かがあったら、
もっとせつなくなるのかな?

せつないと言えば、次の歌詞ですよ。

~抱かれてもいつわりの
 愛はさみしい~

かえって、抱かれたらさみしくなるん
じゃねーの?と思ったりする・・・
まあ、いいや。

夏らしい楽しい歌だと思ったら、
しんみりした歌詞で失礼いたしました。



にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : なつメロ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
プロフィール

akira6710

Author:akira6710
その日に思い出した懐かしい、
あの歌、この歌。
当時は何気なく聞いていた
歌の詩を読んで歌の魅力の
再発見をしたいと思います。
独断と偏見から気ままに
書いているので、
作者の意向は全く考慮せず。
特定の歌に思い入れがある方は
イメージが壊れるかもしれない
ので読まない方が良いかも(笑)

カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
関連サイト
懐メロランキングです。
こちらもご覧ください
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
にほんブログ村

過去の記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。