FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きかせてよ あのときのうた~情熱に届かない~

 今日は涼しかったですね。いや、東京は肌寒いほ
どでした。絶対に今日、風邪をひいた人がいると思
う!でも明日からの連休は暑い!そうです。みんな、
頑張るんだ!天候に負けるな!
 そして今日、聞いたのは、「情熱に届かない」。
ユーミンの「DAWN PURPLE」というアルバムに収
録されています。1991年発売でした。なるほど。
私は、この歌を聞いた時、大学を卒業してまだまも
なくて、何というか、大人になっていく寂しさのよ
うなものを感じ始めた時期でした(年がバレるって)。
だから、例えば、次の部分に強烈に共感したんです。

 時を追い越してはしゃいだ私達
 みんな みんな

 きっとそれぞれ思ってた
 何を目的に生きてくの
 口には出来ない不安を抱きしめて
 ずっとずっと

 失くしきれない あのときの夢
 今は情熱に届きたい

 20代から30代にかけては、どんどん仕事が忙
しくなる時で、気付かぬうちに、少しずつ学生時代
の友達とは疎遠になっていきます。かつ、自分自身
が若い頃に思っていた大人とはちょっと違う、普通
の枠にはまったサラリーマンになっていく気がして
それが寂しくて、それを「情熱に届きたい」と表現
するかどうかは別として、(このままで良いのかな)
という悩みが出てくる人もいるのではないでしょう
か。そして、ついに、

 忘れたくない あのときの夢
 今は情熱に届かない

というように届かなくなるんですね。そして若い頃
のキラキラした色々なことを忘れてしまいます。ど
うしてだろうね?生活や日常に追われるからでしょ
うか?
 さて、今日の一行はどうしようかなあ。本当に悩
む!まじに選べない!というのは、全部が良くて選
べないというよりは、似たような表現が多すぎて、
ここぞという一部を見いだせない!それでも、この
ブログの主旨なので選びましょう!この歌の中で、
最も叫びに近い、次の部分にしました。

 きかせてよ あのときのうた
 あなたの声で もっと激しく

 「うた」と言っていますが、これはたとえです
よね。夢を含む、若い頃のキラキラした輝きのこ
とでしょう。そして「あなた」は青春の象徴です。
「もっと激しく」歌ってもらわないと忘れてしま
いそうだという、もがくような、何かから逃れた
いような、苦しい叫びに聞こえる部分だなあ、と
私は思いました。動画は当時、この歌が使われて
いたビールのCMです。懐かしいですね。
スポンサーサイト

ついてはゆけない私~DOWN TOWN BOY~

 今日は体調が悪くて、マジに、死ぬかと思いまし
た。だって、ものすごい痛みで目が覚めたんだもの。
目が覚めるほどの痛みってある?あ、頭痛です。そ
して肩から背中にかけての激痛です。老人ですね。
嫌だなあ。痛みで死ぬのは嫌だなと思いました。で
も生きているので、こうしてブログを更新できます。
幸いです。
 で、今日はね、色々、ミュージックリストを見て
いて、本当はこれはとっておきたかったんだけれど
も、「DOWN TOWN BOY」を選びました。こちら
はユーミンの「ノーサイド」というアルバムに収録
されています。1984年のリリースで、CMにも
使われていたので、その年代の方は聞いたことがあ
ると思います。
 これは身分違いの恋を想像するような内容です。

 あんなにナイーブな人には
 それまで会ったことなかった私
 汚いシャツ着た奴だと
 兄貴は電話さえとりつがないの

ほらね。兄貴が交際を反対するような相手なんです。
この女子は育ちが良いお嬢様なのかな?それにして
も電話を「とりつぐ」時代ですよ。1984年に、
今のような携帯電話が普及することを想像できたで
しょうか?自動車電話という移動電話はあったかも
しれませんが、ものすごく高かったんですよ。
 で、話を歌詞に戻すと・・・この少年はちょっと
不良っぽいんでしょう。そして不良はナイーブな人
が多いんです。繊細なんです。だからといって、悪
さを正当化してはいけませんが、同年代から見ると
魅力的でしたね~。あ、私、「腐ったみかん」世代
なので、よくわかるんです。古っ!!
 そして、この2人は、いつも「秘密の空き地」で
会っているの。この「秘密の」というところも、皆
に隠れて付き合っていることを想像させます。し
かし、その「秘密の空き地」にも、やがてビルが建
ってしまいます。その頃には、この2人はもう会え
ないくらい遠く離れていて、お互いにどこにいるの
かもわからない状態。
 彼女は少年のことを忘れられないから、こんなこ
とを思うんです。

 勝気な瞳のDOWN TOWN BOY
 未来を夢見ていた
 どこかで恋をしてるなら
 今度はあきらめないでね
 本当は寂しいDOWN TOWN BOY
 瞼の奥に立ってる
 あなたの思い出つれて
 今日もビルに夕陽落ちる

 この部分を聞くと、私は、思春期によく話して
いた数人の、不良と呼ばれた男の子を思い出しま
す。「勝気な瞳」で、「本当は寂しい」と思って
いるのに、強がっている連中です。当時はめぐま
れない家庭の子が多かったけれど、今は幸せにな
っているといいなあ、と思うんです。
さて、今日、抜き出すのは次の部分です。

 ついてはゆけない私は
 ミラーに泣きながら小さくなった

 まさに、身分違いの恋。結ばれるはずのない
2人。悲しい別れの予感を思わせるフレーズで
す。これは、彼が家族に会いたくがないために、
彼女を自宅から少し離れた場所で車からおろす
シーンなのですが、「ついてはゆけない」とい
うのが、この場限りのことではなく、一生の問
題だということが感じられるでしょう。
 それでも、何年も経ってから、いつまでも若
いままの少年を思い出して、彼の幸せを祈る彼
女の気持ちが素敵だなあ、、と思うのです。と
いうわけで大好きな歌です。

みがいた窓をおろしてくちぶえ吹く~Destiny~

 毎日、パッとしない天気で鬱、入ってます。だか
らといって来週から暑くなって夏に戻ると言われて
もねえ・・・。
 さて、今日は、ユーミンの「DESTINY」を聞いて
みましたよ。私は、これを聞くと、山口百恵さんの
「プレイバックPARTⅡ」を思い出してしまうんで
す。ぜーんぜん、シチュエーション違うのに、どう
してだ?車が出てくるから?しかし、こちらの車は
「緑のクーペ」で、百恵ちゃんの方の車は「真っ赤
なポルシェ」だよ。全然、違うじゃん。あ、そこじ
ゃなくて、「緑の中を走り抜けてく」の「緑」がか
ぶってるから?・・・すみません、どうでもいいで
すね。

 これまた失恋の歌ですね。いつも、わかりやすい
ですね、ユーミンの歌は。

 冷たくされていつかは
 見返すつもりだった

というのは、何となくわかる女心。それで、どこへ
行くにも着飾っていたのに、何と、やっと偶然に再
会した日に履いていたのは「安いサンダル」だった
って・・・ありそーな話です。
 それにしても、こんな再会はなかなか無いですよ
ね。

 緑のクウペが停まる 雲を映し
 True Love my True Love
 昔より遊んでるみたい
 みがいた窓をおろして
 くちぶえ吹く

なんてね。軽いなあ・・・実際には無いけれど、
(ありそう!)と思わせるのがユーミンの上手い
ところですね!
そんな再会の時に「安いサンダル」を履いていた
ので、「結ばれぬ悲しいDestiny」を嘆くと言う
・・・悲しいし切ないんだけど、どこか、ちょっ
と滑稽な感じもするのは気のせいでしょうか。

 そして今日の一行は、結ばれぬ悲しいDestiny」
にしたいところですが、

 みがいた窓をおろして
 くちぶえ吹く

にしました。だって、この2行だけで、その男性
の性格が手に取るようにわかるんだもの。とても
象徴的な行動だと思います。再会した時の、彼の
行動として、これを想像して描いたところが本当
にすごい!と思いませんか? 

パジャマにレインコートで

 今日は涼しくて楽チンでしたね~。それで少し
ばかり元気が出て久々の更新です。
 今日はユーミンの「パジャマにレインコート」
という歌を思い出しました。知らない人も多いの
では?これ、当時、聞いた時には(変なタイトル
だなあ、意味がわからないなあ)と思っていたの
ですが、今日、ふと真面目に想像してみまして・
・・パジャマにレインコートって、切羽詰まった
感がありますよね。それで歌詞を詳しく確認して
みようと思った次第です。1986年にリリースされ
た「ALARM ala mode」というアルバムに収録さ
れていますよ。
 これもまた、別れた人を思い出す歌ですね。
「夢の中のきみ」と呼んでいるから、歌い手は男
性かもしれません。でも「パジャマにレインコー
ト」というタイトルは女性っぽいんだけど、、、
どちらだと思いますか?
 さて、別れた「きみ」を夢に見た、この瞬間
は静かな雨の夜明けです。

 朝は仄白く
 雨は音も無く
 かすかに海の匂いがした

 この部分が不思議で、雨が降っているけれど
「音も無く」と言っていることで、物音ひとつ
しない静けさを想像できるんですよ。普通は、
雨が降っていたら多少の音はするでしょう。そ
れが「雨は音も無く」としたことで静けさが強
調されているんですね。
 それで、この別れた相手と自分の関係なので
すが、もしかしたら付き合うまで至っていなか
ったのかな、と、次の部分から思ったんです。

 長い電話も もうしなくなったね
 いつだって会えると笑って

 深刻に別れる恋人同士が
「いつっだって会える」
と言うでしょうか?不自然ですよね。もしや、
友達だったのかなあ。でも気持ちを言えなか
ったのかなあ、と思ったりして。
 そして、この歌のキーワードは「うそ」な
んです。相手の「うそ」ではなく、自分に対
する「うそ」なんです。

 うそは黙ること
 うそは心が叫んでも
 何もきかないこと

 うそは責めぬこと
 うそは涙があふれても
 許してしまうこと

 この前半の「心が叫んでも何もきかないこ
と」は凄まじく悲しくて孤独ですね。これは
恋愛に限らず、生き方に通じるところのよう
な気がします。自分を押し殺して生きている
ことがありませんか?大人になったらあるん
じゃないかなあ、誰にでも。
 そして今日、抜き出すのは、やはり不思議
なタイトルと同じ部分です!

 浮かぶ面影を
 探すよ パジャマにレインコートで

 これ、悲しすぎない?泣いているきみの夢
を見て、パジャマにレインコートをはおって、
音のしない雨の中、傘もささずに、きみの面
影を探すんです。まだ十分に明るくなってい
ない深夜とも早朝ともつかない時刻に。
 そうか。かえって意味や状況が明確に説明
されていないからこそ、切なさや悲しさが増
すのかもしれないなあ・・・なんて、30年
も経って、思っている次第です。

かたい仕事と静かな夢を持った人~よそゆき顔で~

 9月になっても秋がぐずぐずしている感じ。で
も夏のヒリヒリした暑さよりも、台風のムシムシ
した温かさの方が強いでしょうか?あまりにも台
風、雷、集中豪雨が多くて、そんな亜熱帯みたい
なざぶざぶ雨に合う歌なんてありませんよ。特に
昭和の歌には。
 しょーがない、適当にチョイス。というわけで、
ユーミンの「よそゆき顔で」。これ、私、初めて
聞いた時には内容を十分には理解していませんで
した!せいぜい、別れた彼氏と「よそゆき顔で」
すれ違うのか悲しいね、くらいの歌だと思ってい
たのですが、ちょっと、違いましたね。青春時代
全体への決別!を決心した歌のようです(以下、
参照)。

 私は明日から変わるんだから
 悪ぶってた思い出は捨てる
 結婚なんてまだしたくない
 けれど今日まで流されて

・・・うーむ。私には全然わからない。結婚し
たくないなら、しなきゃいいのに、と思います。
いまだに思いますよ。それからね、
「離婚したい」
と言ってる妻たちもね、離婚すりゃ、いいのに、
と思います。簡単すぎ?でも、本当にわかりま
せん。「○○したい」ならすればいいし、「○
○したくない」ならしなければいいと思うので
すが・・・。
 まあ、いいや。それで、結婚を選択する彼女
は、今まで付き合っていた仲間あるいは彼氏に
対して、こんな風に思っているんです。

 よそゆき顔で すれちがったら
 いやなやつだとおこってもいい
 よそゆき顔で すれちがったら
 すきなだけ笑って

 これは、、、どうなんだろう。私には理解で
きないけれど、複雑な気持ちなんですね。今ま
での悪い過去と決別するために、その時代の仲
間とも決別。怒られても笑われてもいい。それ
くらい固い決意なんですね。
 この歌の面白いところは、上のところでは、
怒ったり笑ったりするのは「仲間」なのかな、
と思わせておいて、最後に、(ああ、彼氏のこ
となのか)と特定できるところです。

 よそゆき顔ですれちがうなら
 それまでだった恋

 「それまでだった」というのは、もう、年を
とればとるほど実感しますよ。だから、若いう
ちの失恋なんて何でもないんですよ~。縁があ
ればまた巡り会いますから!(無責任)。
 そして今日は以下の部分を抜き出しました。

 今の相手はかたい仕事と
 静かな夢を持った人

 うわー、何てつまらないんでしょう!いや、
私は「かたい仕事」と「静かな夢を持つ」こ
とを否定しているわけではないんです。こう
いう相手を選ぶために、したくない結婚をす
るという人生がつまらないでしょう!と言い
たいんです。結婚はしたい時に、したい相手
としてください。結婚したくない時にしても
後悔するだけですよ。年寄りである私が保証
します!皆さんが、つまらない結婚をしない
で、最高のパートナーと幸せになれることを
お祈りしています!
訪問者数
プロフィール

akira6710

Author:akira6710
その日に思い出した懐かしい、
あの歌、この歌。
当時は何気なく聞いていた
歌の詩を読んで歌の魅力の
再発見をしたいと思います。
独断と偏見から気ままに
書いているので、
作者の意向は全く考慮せず。
特定の歌に思い入れがある方は
イメージが壊れるかもしれない
ので読まない方が良いかも(笑)

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
関連サイト
懐メロランキングです。
こちらもご覧ください
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
にほんブログ村

過去の記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。